kenma04

タイルのキッチンカウンター

菱形と四角形が印象的なタイルのキッチンカウンター。対照的な色使いでインパクトがあります。壁にも飛び跳ねたようにタイルを張り、
リズミカルな雰囲気です。音楽”MUSIC”とモザイク”MOSAIC”は同じ語源なので、モザイクタイルにはリズムがあります。
お料理好きなオーナーさんが、過ごしていて楽しいキッチンになりました。

タイル張りのニッチ。周りの壁とも合います。
カウンターの役物

カウンター周りはサイズに合わせてに手作りしたタイルを配しました。「目地のへこみを触っているのが好き。」と、オーナーさん。
施工風景

カウンターは常に人の手が触れるところなので、慎重に張っていきます。
薪ストーブ

薪ストーブの足元にアクセント

薪ストーブ足元のテラコッタタイルに、オリジナル幾何学タイルをボーダー状に入れました。
幾何学タイルの1ピースをテラコッタを加工して作ったので、一体感が生まれています。
リビングの主役となる薪ストーブを、さらに特別なものにするタイルのアクセントです。

粘土型抜き

オリジナルタイルは石膏型から手作業で作っていきます。
kenma_danro02

リビング床のテラコッタには、幾何学タイルのポイントを入れています。
kenma_danro03

ポイントに幾何学タイルをいれるだけで、空間がグッと引き締まります。
Chumt tiles

「Chum Tiles」オーダーで絵付けタイル

オーナーさんから「サイケデリックな絵付けタイルを」と、ご要望いただきました。
図案はオーナーさん所有のテキスタイルからヒントを得て作っています。オレンジ色とポイントになっている水色が好対照です。

施工風景 ChumTiles

1ピース1ピースバラバラで張っていきます。
タイル絵付け中

オーダーに合わせて、デザイン画を作ります。デザイン画を何度かやりとりしてからいよいよタイルの制作に入ります。
素焼き

素焼きが終わったところ。これから絵付けを施していきます。通常、何度かの焼成後完成します。
玄関

家の顔である玄関は、明るい水色の幾何学タイルを使いました。
玄関タイルアップ

ポイントで白と紺色のタイルを入れてます。リズムが生まれて楽しい雰囲気に。
外観

シンプルな外観。
Previous post建材フォーラム-2015年9月号 Next post古民家に命を吹き込む