贅を極めたタイルのリフォーム

陶と土で壁を彩る

2階から3階に上がる階段と踊り場を、左官 久住有生氏と共同で装飾しました。まさに陶(Clay)と土(Soil)の競演です。

贅を極めたタイルのリフォーム

はじめにタイルを張っていきます。つながりながら模様が流れていくように、位置決めは壁全体のバランスを見ながら進めます。
贅を極めたタイルのリフォーム

このあとの土の仕上げを想像しながら、タイルを張っていきました。
贅を極めたタイルのリフォーム

陶と土で美しい光の陰影を生み出します。それぞれを引き立たせる特別な仕上げとなりました。
贅を極めたタイルのリフォーム

土をコテで引っ掻くように装飾しています。壁一面に土の流れが施されていきました。
贅を極めたタイルのリフォーム

施工が一段落してホッとした一コマ。
贅を極めたタイルのリフォーム

水引きのタイミングを見ながら、壁に向き合う久住氏。
tori02

リッチなニッチを空間のアクセントに

庭のウッドデッキ壁面ニッチを幾何学模様のモザイクで装飾。壁面のポイントとなるニッチは自然と視線を集め、アクセントとなります。

贅を極めたタイルのリフォーム

照明によってドラマチックでより美しさを増す夜の風景は、昼とは違った表情が楽しめます。
贅を極めたタイルのリフォーム

土の種類と釉薬の濃度を変えて、複雑な幾何学模様に遊び心をプラスしました。
贅を極めたタイルのリフォーム

家族と集うアウトドアリビングが、幾何学モザイクのポイントで明るく心地よい空間になりました。
贅を極めたタイルのリフォーム

幾何学モザイクの天井

1階トイレ天井を幾何学モザイクで装飾。モノトーンで揃えた意匠が空間を引き立たせます。

贅を極めたタイルのリフォーム

ターコイズモザイク

2階トイレ壁面をターコイズグリーンの幾何学モザイクで仕上げ、幻想的で華やかな空間となりました。

贅を極めたタイルのリフォーム

幾何学モザイクと同じ釉薬を使って洗面ボウルも作りました。色合いが揃って空間に統一感が生まれます。
常滑ガウディ

配色に苦労したタイルの色。ひとつひとつに揺らぎの出る釉薬を使っています。
贅を極めたタイルのリフォーム

昼は明るい表情になります。
Previous postINAXライブミュージアム10周年特別展「つくるガウディ-塗る、張る、飾る!」 Next postララ・ファティマ